条件付きMRI対応心臓植込みデバイス患者(MRIカード保有者)のMRI検査の認証施設の認定について

条件付きMRI対応心臓植込みデバイス(ペースメーカ、除細動器、両室ペースメーカなど)が埋め込まれている患者さんに対するMRI検査(以下、心臓植込みデバイスMRI検査)の施設基準・実施条件が改訂されました。(2024年01月12日改訂)
https://www.radiology.jp/member_info/safty/20240112_01.html
この改訂により施設基準として新たに下記の要件が追加されました。
原則として、⽇本医学放射線学会・⽇本磁気共鳴医学会が定める「臨床MRI安全運⽤のための指針」を遵守すること。
https://www.jsmrm.jp/modules/guideline/index.php?content_id=2

つきましては、心臓植込みデバイスMRI検査の認証施設の認定を希望する施設は申請をお願いいたします。
当認定は「画像診断管理加算なし」または「画像診断管理加算1」の施設が対象となります。
当認定のみでは、画像診断管理加算2の届出はできません。
すでに「画像診断管理加算2」または「画像診断管理加算3」を届出している施設は、「MRI安全管理に関する事項」が認証されていますので、申請は不要です。

申請方法

  1. 申請フォーム
    以下申請フォームに必要事項をご記入ください。
    https://form.run/@device2024-2025
    当申請フォームには、途中保存機能があります。入力途中で申請フォームを閉じても、自動保存されます。
  2. 審査・管理料
    認証施設の審査を受けようとする医療機関は、審査・管理料を一般社団法人画像診断管理認証機構にお振込みください。
    お振込みを確認後に、審査を開始いたします。
    お振込み先等につきましては、下記の資料をご覧ください。
    審査・管理料について.pdf
  3. 認定期間・更新申請
    認定された場合の認定期間は申請月1日から2026年5月31日の予定です。
    以降は2026-2027年度、2028-2029年度と2年毎の更新申請をお願いします。
    なお「臨床MRI安全運⽤のための指針」に従い、MRI安全性講習会に年1回、定期的に参加してください。
    MRI安全性講習会につきましては、日本磁気共鳴医学会のホームページをご覧ください。
    https://www.jsmrm.jp/modules/meeting/index.php?content_id=126
  4. 審査スケジュール
    原則毎月末に審査受付を締め切り、翌月に審査を開始します。認証された場合は、翌月末に認証施設名を日本医学放射線学会のホームページに公開し、認定証(PDF)を送付する予定です。
  5. その他
    不明な点等ございましたら、下記フォームからメールでお問い合わせください。
    お問い合わせフォーム:https://form.run/@faq